スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEED

  • 2006/06/17(土) 16:16:57

ぽっかりと穴が開いたようで、
なんとかトリモチで穴を塞いでもらっているような感じです。
私が心配の種になってる?
すいません…

事情聴取が終わり、すこしギルメンにその話をして
ラビDから出た私は、することも思いつかず
とりあえずそこら辺の木に、手当たり次第斧を入れてた。

(そうだなぁ。サハギンになりたいなぁ。)
なんて思った。
だけど自爆なんてできるもんじゃなし、
とりあえず死んでみようかと
赤クマごときに斧で切りかかってみました。
赤クマ、カッチーンときたみたいで、ビカビカ光ったなぁ。
「彗星かな?いや、ちがう。違うなぁ。彗星はもっと ばぁー!って動くもんな。」
あとはされるがまま。死ぬまで待つ。
そして死んだ状態で放置。

誰か通りかかったら羽でも出そうか。
そう思ってたら、ギルメン2人が私を発見してしまった。
「なんだ、おまえらか!オモロクねぇw」
なんて羽は出さずに死んだまま話すと、
腹の上にカジキマグロを落とされ、そのまま行ってしまった。
(あいつ、やりおる!)

何度か近くを通る馬の蹄の音は聞こえるも、誰も近づきもせず。
そうだよなぁ。どう見てもネタにしか見えないもんなぁ。
「死を超越した」タイトルだしなぁ。
そう思っていると、白馬に乗った少女が私を見つけ、
ウロウロしはじめた。
(あ、羽を出そう)
少女は何も言わず私を復活させて、回復までしてくれた。
「あ、ありがとう」
というと
「がんばってねー^^」
とだけ言って去っていった。
ネタとはいえ、親切な人だなぁと少し感動。
そして悪いなぁという気持ち。

それから
私はなにを頑張ればいいんだろう…
うーん…

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。