スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同意できることと理解できないこと

  • 2006/06/22(木) 17:58:10

マビとは関係ないことなんだけど…

今日の昼間、友達の家に遊びに行った。
友 「あ、そうだ。マンゴープリン貰ったんだよな。食べる?」
私 「う、うーん…そんなん食ったことないけど…食ってみるかぁ」
友 「おお!私も食ったことないんだよな、食わず嫌いというか。」
私 「私もー。じゃあさ2人で実験してみよう。ウマイものと聞く。」
友 「よし、じゃあ食ってみっか。」

ドキドキしながら封を開け、
「おいしいって聞くからマズイもんじゃないだろうよ。」
とパクリ。
「うぐ!」
二人は同じ反応。
「さっぱりなのか、まったりなのかハッキリしろ!」
「プリンというよりゼリーじゃないのか?」
意外にマズかったので、なかなか進まなかった。
「二度と食わねぇ!!」
そんな感想だった。
「私たちのマンゴプリン人生は終わったな…」
意見は一致。
二度とマンゴープリンに手を出すことは無いだろう。


2人でキッズステーションを見ながらおしゃべりをしていると、
「忍たま乱太郎」が始まった。
なんとなくテレビのほうに意識がいきながら、会話をする。
すると友達が、
「乱太郎ってさー、自分のことをとかって言わないで、
って言うじゃん。『私が行きます!』とかさぁ。
それ聞いてると、萌えるんだよねぇ。」

はぁ!?
意味わかんねぇ!
「そ、それはなんで!?」
と聞くと、
「あの眼鏡かけてて小さくて…あの風貌でだよぉ?それが「私」って…うは!萌えるよなぁ。」
「ゴメン…分かってやれない…」
「なんでよぉ!萌えるじゃーん!」

友達やって長いけど、それには同意もできないし理解できない。
しかも
「コナンが「私」って言ってもダメなんだよぉ、乱太郎でなくちゃ…」
うーん…分かんないよ、許しておくれ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。